催眠を正しく利用することで得られる効果

悩み多き現代社会に生きる人たち

立派な学歴を持ち、仕事でもいかんなく能力を発揮できる人が、勤勉な国民性の日本という国には大勢います。ただ、一流企業に勤め、はたから見ると順風満帆ともいえる人が、実はさまざまな悩みを抱え、ストレスにさらされる毎日を送っているというのは、実は珍しいことではありません。高い学歴、一流企業の社員、そして仕事ができることなどが、弱い自分を認めようとさせない要因になっているからです。真面目な性格であればなおのこと、困っている他人を助けることはあっても、自分が助けを必要としているときにも、人に迷惑を掛けてはいけないと考えてしまい、助けを求めようとしません。その結果、どんどんストレスが溜まり、ストレスの量に応じて悩みも増えていくという悪循環に陥ります。また、こうした助けを求められない人の多くが、自分で自分を認められないという傾向が強いのです。

助けてほしいというSOSを発信できず、いつまでも頑張らなくてはと思ってやっていると、いずれは心が疲弊してしまい、結局は体を壊してしまうのは明らかです。そんな現代人のための心の治療法として注目されているのが、瞑想です。禅僧は修行のために毎日座禅を組みますが、座禅も広い意味で瞑想といえます。邪念を払い、無の境地に達することが目的ですが、禅僧といえども無の境地に陥るのは容易なことではありません。ましてやストレス社会に生きている人が心を落ち着けよう、ストレスを緩和しようと思っても、次から次へとさまざまなことが思い浮かび、悔やまれる出来事を思い出して反芻してしまい、余計に疲れてしまいます。その一方で、世界で成功した人物としてよく名を知られている人の多くが、瞑想を採り入れています。正しい瞑想法を身に着けることによって、自分を取り巻く状況を変える力があることを知っているからです。

催眠療法と瞑想法の組み合わせにトライ

現代人の心の病を救うにはどうしたらいいのか、この問いに完璧な答えを得ることはむずかしいものの、催眠療法と瞑想法のいずれか、あるいは両方を用いることで、改善ができるとしている会社が東京にあります。現代人の悩みを取り除くべく発足した会社で、ここでの催眠療法はもっとも基本的ながら、非常にパワフルな力を持つ心理療法とされており、潜在意識に働きかけます。年齢退行療法と呼ばれる方法によって、体の中にインナーチャイルドを増やし、さらに前世療法で魂の約束を探ります。言葉での解説は非常に難しいですが、これによって性格改善や能力開発が可能になるとされています。そこにさらに瞑想法を加えると、さらに変化が加速する、ともしていて、悩み多き現代人には大いに気になります。

瞑想を行うと、集中力が増したり、感覚が研ぎ澄まされることはよく知られています。催眠療法の主な目的は、自分の性格を変えるところにあります。性格というのは、その人の考え方の癖や行動によって形作られますが、変えることもできます。ただ、なかなか自力で変えるのは困難なため、そんな時に催眠療法が役立つというわけです。瞑想は集中力と感覚に働きかけることから、正しい瞑想法をマスターして実践することによって、望むものを引き寄せる体質になります。気持ちを落ち着ける技能や、自分自身の体の中からの声を聞くこともできると言われていますので、ぜひとも習得したい技です。催眠療法で自分の考え方や行動の癖を良い方向へ向けることができれば、さらに瞑想法によってチャンスや幸せを引き寄せることにつながります。そのため、この療法はセットで行うのがもっとも効果的で、ここに救いを求める人が多くなっているというのも理解できるところです。